FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

「將軍令」吳克群

2006.11.09 (Thu)

随分前に予約していたのですが、いろいろと事情(?)があって、
今ごろ到着しました、吳克群の4枚目のアルバム「將軍令」。

More・・・

iTunes→iPodといういつもの手順を踏みつつ、早速聴いてみたのですが、
吳克群、やっぱり好き(笑)。
今回のアルバムタイトル曲「將軍令」のような彼らしい面白い曲と、
オーソドックスで美しいバラードが今回のアルバムでも見事に混在しています。

収録曲は一応、全11曲。
1つ、曲とは言いきれないものが含まれていますが。
アルバム全体を通して聴くと、吳克群の世界を堪能できます。
自分で詞も曲も書いて、自分で歌うとなると、音の選び方とか
曲の雰囲気が似通って、良くも悪くもワンパターンに陥りがちだったりする
アーティストさんも多い中、彼はそれぞれ個性のある曲を創りますね。
1つのアルバムを通して、統一された世界やコンセプトを楽しみたい方には
向かないかもしれませんが、1枚のアルバムで様々な世界を堪能させてくれる
彼は、私には毎回、アルバムが楽しみなアーティストです。
それぞれの楽曲で印象が変わっていても、でも間違いなく一貫して
「吳克群」worldなんですよね。

1度、通しで聴いただけですが、バラードで印象的だったのは
「殘廢」と「家的名字」。
それ以外では、1曲目の「冠軍」が印象的。
でも前作の「大舌頭」とどこか雰囲気が似ている気がする
「男傭」も良いですね。
ということで、結局、どの曲も好きみたいです(笑)。
繰り返し聴けば、またそれぞれの曲の印象も変わるはず。
しばらく、何度も聴いてみたいアルバムです。

彼の所属事務所、種子音樂には新しく「明天過後」MVもアップされています。
また殴られてるんですね(苦笑)。
「自虐的」なんて記事にも書かれてますが、確かにそうかも(笑)。

いつものことですが、彼のアルバムは聴くたびにすぐ、
次回作が楽しみになってしまうんですよね。
さて、次の5枚目のアルバムはどんな作品になるんでしょうか。

種子音樂網
 www.seedmusic.com.tw/index.php
スポンサーサイト
00:15  |  台湾・音楽  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。